つくらし@東京


by tukurasi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

生藍染め

庭の草刈りをしたときに、藍も刈って、生藍染めをすることに。
まずは藍の葉っぱを摘んで、ミキサーに入れます。
a0123248_23565350.jpg


スイッチを入れてしばらくすると、藍の青汁(?)のできあがり。
a0123248_23584510.jpg


これを網で漉して、染め液をボールに入れます。
a0123248_015540.jpg




生藍でよく染まるのは、動物性タンパク質。
フェルトづくりは楽しいので、まずは原毛を染めることにしました。
a0123248_071322.jpg


ボールに原毛を入れ、液をしっかり染みこませます。
藍の葉っぱは緑色なので、染め液も緑色。それに浸した原毛も緑色に。
a0123248_07582.jpg


ところが液から出して空気に触れさせると、徐々に青色になっていくのです。
不思議だなぁ。
a0123248_011175.jpg


次に毛糸を染め液に浸し、
a0123248_0124126.jpg


白いセーターも染めてみます。
a0123248_0132628.jpg


セーターはむらになるとイヤなので、染め液を多めにつくり、しっかり浸し、
液から出して空気に触れさせ、また液に浸けるのを繰り返します。
a0123248_0144532.jpg


しっかり染まったところで、水洗いをして、脱水して、干したら、完成。
a0123248_0191319.jpg

a0123248_0193060.jpg


素手で染めていたので、私の爪もほんのり青く染まりました。
a0123248_0195585.jpg


学校でもこうやって理科とか教えてくれたら楽しいのになぁ。

藍染めや草木染めで学ぶワークショップはこれまでもやっていたけど、
ミュゼのたねとして、染めプログラムのつくらしグッズもつくってみよう!
[PR]
by tukurasi | 2009-06-29 23:55 | ミュゼのたね